ストレスで老けるってホント?ストレスと老化の関係とその改善方法を紹介!(その2)

●改善方法
次にその1で書いたようなストレスの影響を踏まえての、それらを改善する方法について考えていきます。

 

・老化への対策
  最初に取り組みことは老化の原因になっている活性酸素の影響を弱めることでしょう。

  活性酸素の影響を弱めるというのは、つまり身体の抗酸化力を高めていく、ということになります。

  これにより、

     活性酸素を発生しにくくさせる

     発生してもその影響を弱くさせる

     発生した活性酸素を出来る限り素早く取り除ける

  などの効果が期待できます。

  では具体的にはどのようにすれば抗酸化力を高めることができるのでしょうか。

  一般的には以下に示すような栄養素を摂取することで、抗酸化力アップが期待できるといわれているようです。

     ビタミンCやE
        赤/黄ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ、オレンジ
        ひまわり油、マーガリン、アーモンドなど
     βカロテン
        しそ、モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、ホウレンソウ など
        ポリフェノール
        ブルーベリー、すもも、いちご、カカオ豆、大豆食品
     カテキン
        緑茶、ウーロン茶、紅茶 など
        リコペン
        トマト、スイカ、ニンジン、柿 など
     フラボノイド
        玉ねぎ、ブロッコリー、にら など
     セサミノール
        ごま

 

●ストレスへの対策
そもそもの問題として存在するストレス自体を除去する、というやり方もあります。

外的ストレスの場合だったら、

紫外線を浴びない様に気をつける、UVケアをマメにする

乾燥予防のために保湿液を使う

肌を刺激する可能性のある衣類は着用しない、 など。

内的ストレスの場合であれば、

食生活を改善する

睡眠を十分にとる

ポジティブシンキングを心がけて、あまりくよくよしない など。

いきなり全ての生活習慣を改善させるのは現実的には難しいと思いますが、1つずつ、少しずつでも自分で思い当たるストレスの原因をなくすようにしていきましょう。

 

●まとめ
今回は、ストレスによって老化が進行する、ということについての仕組みとその改善方法についてまとめてみました。

科学的に言ってもストレスが老化を加速させる要因であることが理解いただけたかと思います。

そうは言っても、この現代社会で生きる上で、ストレスを全くなくすというのは現実にはかなり難しいですよね。

ストレスをゼロにすることは難しくても、できるだけストレスを減らすようにすることで、

老化促進の原因である活性酸素の発生をなるべく減らすことで、少しでもこの老化現象の原因を少なくしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー